サイトへ戻る

本店はミャンマーにあり

昨年ネットショップを立ち上げて、今年は地元の町にコンセプトショップ的なカフェスペースもオープンさせていただくことができた当店ですが、本店はミャンマー本国にあります。日本のお店はその現地カフェの姉妹店という位置付けです。

今回からちょっと、現地のカフェについても紹介していきますね。

 

現地のカフェ、Cafe Kalawは2016年7月にオープンしました。場所は最大都市のヤンゴンではなく、シャン州のカローという町です。

ここは標高1300m前後の山の中で、昔から風光明媚な避暑地として人気の場所です。周りの山には山岳少数民族の村があり、村を巡るトレッキングの旅が人気な観光地です。

そして、コーヒー栽培が盛んなエリアでもあります。

 

実はカフェを始めるよりも前から、カロー周辺の貧しい農家の子たちが通う小中学校を支援するNGOを運営しておりまして、当時東京の増上寺で毎年開かれていたミャンマー祭りにもNGOとして参加していました。

このミャンマー祭りで販売するものを考えていたときに、地元の産品であるコーヒーはどうだろうかと思いつき、実際に販売してみたらとても好評。

 

当時のミャンマーでは、ミャンマーのコーヒー豆は品質は良くない、美味しいコーヒーはやはり海外のものだよ、という声がミャンマー人の間から言われていたのですが、実際に生豆から自分で焙煎してみたら全然そんなことはなくて、それはとても衝撃的でした。

ミャンマー祭りに来てくれた人たちもとても美味しいと言ってくれて、この体験が現地でカフェを作ろうと思った大きなきっかけになったのでした。

不定期になりそうですが、続きます! 

 

 

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK

ランキング参加中!
クリックいただけると嬉しいです♪
にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村